Top / トイレ盗撮の防止対策
HTML convert time: 0.003 sec.

トイレ盗撮の防止対策

Last-modified: 2014-07-16 (水) 17:59:47

トイレ盗撮は、主に商業施設や公衆便所などのトイレ内に盗撮カメラを仕掛け、用を足す人物の一部始終をひそかに撮影することをいいます。盗撮被害に遭うのは、ほとんど若い女性であり、年々被害件数は増加傾向にあります。手口は、撮影機器を持ったまま女子トイレに侵入する方法で、個室にこもって一枚壁を隔てた隣の様子を盗します。

盗撮方法で最も多いパターンは、床と仕切り壁の間にある数センチの隙間から盗撮するもので、和式トイレで多用されるやり方です。被害者は注意を配らないと気付かない場合が多いようです。洋式トイレでは、仕切り壁上部からの盗撮が主となります。この場合は、上に注意を向ける癖をつけておけば比較的発見しやすいようです。

しかしこの方法は、リスクを伴うために最近では少なくなってきています。最近の手口では、無線式小型カメラを使った盗撮の被害件数が増加傾向にあります。高性能化·小型化するCCDカメラで撮影された音声と映像を無線(電波)で飛ばし、離れた場所に設置されたモニター付レシーバーで受信(受像)する方法で、高解像度化、小型化が進んだ現在では極めて鮮明な映像を記録することが可能です。

記録された映像は、DVDやビデオとして販売される流れが、1990年代後半以降になってから目立ち、中には報酬目当てに女性の協力者や盗撮犯が存在するケースもあといわれています。飲食店などで経営者が意図して設置したマジックミラー越しに撮影されることもあるので、個室に姿見が設置してある場合は十分に注意を払うことが大切です。

i媚薬.com:強力媚薬と高品質媚薬通信販売!

http://www.ibiyaku.com/[外部リンク]